« あやめくん、負傷 | トップページ | なんでも魔女商会と、タンタン »

2011/12/07

あやめくん、負傷 2

縫合が終わったら、まだ麻酔が効いていて痛みが落ち着いたのか、やっとあやめくんが元気を取り戻しました。
とはいえ、下唇は腫れてしまって穴子さん状態。
なんだかかわいそう…。いや、おバカな事をしていた彼自身のせいなんですけど。

で、月曜日に同じ病院の形成外科を受診。経過は良好ということで、金曜日に抜糸することになりました。
その月曜日の再診のとき。私はパソコンに表示されたカルテの小さな文字を、自慢の視力を活かして端から読んでいました。そしてそこに驚くべき文字を発見!

「傷は貫通している」

ひー、2ヶ所切れたんじゃなくて、前歯で唇を貫通してたんですか〜!
その感触があったら、そりゃ動揺するわ!
あやめくんは、『貫通したと思ったけど、2ヶ所切れただけだったみたい。よかった!』と思っていたらしく、
私が先生に「貫通してたんですか?」と確認しているのを聞いて、まるで胃潰瘍だと思っていたのに胃がんだったと知ってしまった患者さんみたいな感じで(想像です)ショックを受けていました。
確かに、ぞっとするよ…。あやめくん、お気の毒。

とはいえ、ケガから5日たって、だいぶ唇の腫れも引いてきたし(なにしろ口が閉じられなかった)、傷跡が残るとは言っても下唇のすぐ下なのであまり目立たないと思われるのでちょっと安心してます。
奇跡的に前歯が折れなかったのもよかった…。
いや!彼の前歯(もちろん永久歯)、もう既に1本折れてるんだった…。うう。

|

« あやめくん、負傷 | トップページ | なんでも魔女商会と、タンタン »

コメント

笑い事ではないけど、ふゆかの文章力に笑わせられてしまいました。
お大事に。

投稿: ぴょん子 | 2011/12/09 22:34

□ぴょん子ちゃん□
いえいえ文章力だなんて。
あまりにおバカなケガなので、もう笑うしかないというか…。
でも、たいしたことなかったから、私もこうして笑い話にできるんだよね。
それは運が良かったと思わなくちゃ!

そういえば「縫う」といえば、ぴょん子ちゃんは足の傷をお父さんに縫ってもらったというエピソードをお持ちじゃなかったっけ?
すごい!家庭で高度救急処置!とうらやましかった覚えがあるな〜。

投稿: ふゆか | 2011/12/10 00:59

本当、前歯無事で良かったねえ。
貫通した感触…自業自得の部分はあるとはいえ、大人でも過酷な体験。抜糸したあかつきには、治療を頑張れたこと、大いにねぎらってあげてね(^_^)

しかし、すごい記憶力…。下手なことは言えんなあ。
私のことだから、多少話を盛ったかもしれませんが、「お父さんが縫ってくれた」あたりは事実です、笑。

正しくは、ケガではなく、なんか膝の裏にしこりができて、休日に病院の手術室を使って父が摘出してくれた、抜糸は家でわくわく動物ランドを見ながらやってくれた、って感じ。

昔は病院もユルくて、父がやって見たかったってだけだと思うよ…。緊急時は病院直行と思われる。道具がないしね、笑。

投稿: ぴょん子 | 2011/12/10 17:39

□ぴょん子ちゃん□
あ、そういう話だったか〜。なんか半端に覚えててすいません(笑)
でもやっぱり、身内に(医療関係者に関わらず)技術者がいるというのは、うらやましいなあ。
それにしても、わくわく動物ランド、懐かしい。

投稿: ふゆか | 2011/12/13 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あやめくん、負傷 | トップページ | なんでも魔女商会と、タンタン »